新札幌駅から徒歩約5分!成年後見・相続・遺言のご相談は、宅間孝司法書士事務所まで

ロゴ

tel

夜間・休日につきましても、事前にご予約をいただければ、
可能な限り対応いたしますので、お気軽にご連絡をお願いいたします。

厚別中央1条5丁目の時差式信号解除

2022-07-06

新札幌駅周辺の再開発事業が進んでいます。厚別中央1条6丁目エリアの空中歩廊、アクティブリンクが通れるようになりました。7月11日から、このアクティブリンクとJRや地下鉄の駅とを接続する横断橋の工事が始まるため、厚別青葉通が一部夜間通行止めになります。

この工事との関連性はわかりませんが、厚別中央1条5丁目交差点に設定されていた時差式信号が解除されています。これにより、国道12号線や原始林通方向から厚別青葉通を北に進み、JR千歳線の高架下を通ってサンピアザ方向に右折する際に右折レーンが混雑したり、信号待ちの時間が長くなったりする場合があるかと思います。付近を通行される際はどうぞご注意願います。

以前はこの信号が時差式でした。

お電話受付時間(7/4~7/8)

2022-07-03

以下の時間はいちおうの目安としてご覧ください(途中で随時更新することがございます=変更箇所は◆でお知らせいたします)。 この時間中におきましても相談中、移動中などの理由により電話に出られないことがございますので、ご了承願います。
「メール」または「フェイスブックメッセージ」からのご連絡には随時対応しております(ただし、時間外や休日などの場合は翌日以降となることもございます)。
電話によるご連絡の場合は相談料・手続費用が「メール」または「フェイスブックメッセージ」からのご連絡の場合と異なりますので、あわせてご了承願います。

7月4日(月) 13時~16時
7月5日(火) 9時~11時、15時~17時
7月6日(水) 9時~12時、15時~17時
7月7日(木) 9時~12時、15時~17時
7月8日(金) 10時~15時

相続登記の登録免許税の免税措置について-2022年度税制改正による変更分

2022-06-05

2025年3月31日までの間に、土地について相続(相続人に対する遺贈を含みます)による所有権の移転等の登記を受ける場合において、以下の要件を満たす場合は、租税特別措置法第84条の2の3第1項による登録免許税の免税措置の適用を受けることができます。2022年度税制改正による変更分は以下のとおりです。
(1)対象となる不動産の価額が、従来の10万円以下から100万円以下に引き上げられました。
(2)適用対象となる土地の区域の要件が廃止され、適用対象が全国の土地に広がりました。、

不動産所有権の持分移転の場合は、当該不動産全体の価額に持分の割合を乗じて計算した額が不動産の価額となります。
⇒不動産の価額が150万円の土地において、相続により移転する持分が2分の1の場合、対象となる不動産の価額は
150万円×1/2=75万円<100万円 となりますので、免税措置の適用を受けることができます。

詳しくは、以下のリンクをご参照ください。
https://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000017.html

☆2024年4月1日から相続登記の申請が義務化されます。相続登記は司法書士にご相談ください。

2022年度司法書士試験受験案内について

2022-05-02

法務省から、2022年度司法書士試験の受験案内がリリースされていますのでお知らせいたします。

1.受付期間:受験申請の受付は2022年5月2日(月曜日)から5月16日(月曜日)まで、窓口申請と郵送申請ができます。
2.実施日程:筆記試験は2022年7月3日(日曜日)に、筆記試験合格者に対する口述試験は10月24日(月曜日)に行います。
3.北海道内で試験を実施する法務局は筆記試験、口述試験とも札幌法務局です。函館、旭川、釧路の各地方法務局では試験を実施しません。

詳しくは、法務省ホームページ内の以下のリンクをご参照ください。
https://www.moj.go.jp/content/001369808.pdf

新さっぽろの駐車場3時間無料サービスは…

2022-05-01

新さっぽろアークシティー内駐車場の料金体系変更に関するお知らせです。2021年11月以来入庫から3時間の無料サービスが続いていましたが、この扱いが5月10日で終了することが発表されています。5月11日からの新しい料金体系を記載したポスターが掲示されていますのでご紹介します。ここには記載がありませんが、30分以内に出庫する場合は無料です。
内容としては2021年7月にいったん適用された料金体系が復活する形です。利用する店舗や施設ごとに駐車券への認証が再度必要になりますのでお気を付けください。
当事務所にお越しの際にこの駐車場を利用される方は、料金体系の変更にご注意のほどよろしくお願いいたします。

<5月12日追記>
その後、再び3時間無料キャンペーンが当面の間延長されることが発表されています。
さらなる変更時にはあらためてお知らせする予定です。

取締役会決議で取締役を解任って…?

2022-04-21

有名な牛丼屋さんの取締役が不適切な発言をしたとして解任された先日のニュースを見聞きして、「どうして取締役会で取締役の解任決議ができるのか?」と疑問に思われた方もいらっしゃることと思います。これは、元になる会社(親会社のホールディングス、以下HD)からのリリースの記載内容が原因となっているのかもしれません。
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08813/c398b238/20c1/4167/acb3/3d42110c0645/140120220419523847.pdf

ここでのポイントは、解任されたのは完全子会社の取締役で、HDは子会社の発行済株式のすべてを保有していることです。会社法第319条第1項は、「取締役又は株主が株主総会の目的である事項について提案をした場合において、当該提案につき株主の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、当該提案を可決する旨の株主総会の決議があったものとみなす。」と規定しています。これを今回のケースに当てはめると、
株主⇒親会社であるHD
株主総会の目的である事項⇒(子会社の)取締役を解任すること
株主の全員⇒子会社の発行済株式のすべてを保有するHD
同意の意思表示⇒HDの取締役会における決議による
ということになり、株主総会の決議があったものとみなされて、取締役の解任手続が有効に行われたことになります。

事務所ホームページを暗号化通信対応に変更しました

2022-04-18

セキュリティ向上のため当事務所ホームページのURLを「http」から「https」に変更して、暗号化通信に対応しました。
ブックマークなどをされている方は、URLの変更をお願いいたします。

賃貸住宅で故障した給湯器の交換等に時間がかかるときの対応について

2022-03-15

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会が、2020年4月1日に施行された新しい民法第611条(賃借物の一部滅失等による賃料の減額等)に対応するため、「貸室・設備等の不具合による賃料減額ガイドライン」を作成しています。
現在の民法では、賃借物の一部が使用収益できなくなった場合に、それが賃借人の責任によらないときは、使用収益ができなくなった部分の割合に応じて賃料が当然に減額されます。

詳しくは、こちらのコラム記事をご覧ください。情報リンクもあわせて掲載しています。
https://mbp-japan.com/hokkaido/takuma-legal/column/5106867/

新さっぽろの駐車場情報 第4号

2022-02-04

新さっぽろアークシティー内の駐車場は、2021年11月8日から館内施設や店舗の利用状況にかかわらず入庫から3時間が無料となっています。当初は2022年2月3日までの期間限定でしたが、この取り扱いが5月中旬までの予定で延長されました。
引き続き施設や店舗での認証は不要ですが、出庫時に各駐車場内に設置されている精算機での精算が必要です。館内でのお買い上げ金額による無料時間の延長はありませんのでご注意ください。
この取り扱いの終了については5月上旬に案内があるとのことですので、その際にはあらためてお知らせする予定です。

さぽーとさっぽろ ニューイヤークラシックコンサート2022

2022-01-16

1月14日に札幌コンサートホールKitaraで行われた、さぽーとさっぽろ(公益財団法人札幌市中小企業共済センター)のニューイヤークラシックコンサートを聴いてきました。当日の札幌は大雪のため、21時以降に札幌駅を発車するJRが全面運休となることが告知されるなど、交通機関にも大きな影響が出ていましたが、コンサート自体は予定どおり開催されました。当初から新型コロナウイルス感染対策のため収容人数を1,000名に制限していたところ、会場に到着できなかった方や、終演後に帰宅できなくなることを心配した方がいらっしゃった影響か、実際の客席は400~500人ほどに見えました。ホール玄関前の木々も、電飾の上から雪をかぶった状態でした。
当日の曲目部分も添付しました。このコンサート、前回までは第一部(前半)に交響曲を1曲演奏して第二部(後半)がニューイヤー・バージョンでしたが、今回はこれが逆になり、より通常の演奏会に近い構成になっていました。パイプオルガンの独奏を生で聴くのも初めてで、楽しい時間を過ごすことができました。もちろん、アンコールは“お約束”の「ラデツキー行進曲」です。
事前に指定されていた当日の座席はLAブロックというエリアでした。ステージ全体を左横から見渡せて、特に弦楽器の動きがよくわかります。オーケストラの演奏会は音だけでなく、見て楽しむことの大切さを実感したひと時でもありました。

1 2 3 4 5 6 7